,

ナイキ ティエンポ レジェンド VI HG-E サッカースパイクシューズ

NIKE TIEMPO LEGEND VI

2016春夏 ラディアントリビールパック
-ティエンポ- 内なる進化が生み出す、試合を支配するタッチ
試合を支配するタッチを駆使して、優雅にプレーせよ。

NIKE(ナイキ)ティエンポ レジェンド 6 HG-E サッカースパイクシューズ 108ホワイト 819220 108ホワイト

メーカー/NIKE
商品番号/819220(108)
カラー/ホワイト/トータルオレンジ/ブラック
販売価格/22,680円(税込)

  • 素材:アッパー/天然皮革(カンガルー革)、アウトソール/合成底(13本丸型スタッド、芝、土グランド用)
  • 撥水性のあるNew Tiempo Adaptiveカンガルーレザーが快適なプレーをサポート。
  • 足中央部のケージが安定したフィット感を高め、試合中の安定したボールタッチをキープ。
  • アッパーに施されたハイパーシールドが水分の吸収を抑え、ブーツの速乾性が向上。
  • ACC機能を搭載し、雨天でも乾燥していても最適なボールコントロールを実現。
  • アウトソールは芝、土グラウンド用として作られているが、人工芝での使用も可能。
  • ↓商品購入はこちら




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連商品

    1. アスレタ カラープラクティスシャツ

      ATHLETA 2015秋冬コレクション第一弾。シレー加工が施され、光沢感のある風合いの長袖プラクティスシャツ。

    2. ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 11 AG-PRO サッカースパイクシューズ

      ヴェイパーの新色は漆黒のアッパーに、アクセントカラーの蛍光ピンクが効果的に配置されたピッチダークパック。人工芝でプレーするときのボールコントロールと方向転換を強化します。

    3. NIKE/ナイキ ティエンポ レジェンド 6 HG-E サッカースパイクシューズ

      鮮やかなカラーと ブラーがかかったホワイトのモーションブラーパック!足とボールの距離をかつてないほど縮める最新テクノロジーを採用。滑りを防止するテクノロジーと上質なレザーが、フィールドを真に制覇するプレーをサポートします。

    4. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN

      HOSOCCERから日本だけのスペシャルモデルが登場。 大人気だった初代JAPANモデルのカラーをベースに、PAC(パンチングアシストコントロール)を搭載したNEWモデル!

    5. アスレタ ウィンドZIPパーカー

      ATHLETA 2015秋冬コレクション第一弾。ハリのあるしっかりした素材の防風ウィンドZIPパーカー。

    6. プーマ エヴォパワー 1.3 トリックス HG サッカースパイクシューズ

      左足はピンク、右足はイエロー。新たな "TRICKS(トリックス)" コレクションが登場。CMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック)のカラー4成分からインスピレーションを受け、各アイテムに落とし込んだ注目のラインナップです。

    カレンダー

    ツイート

    PICK UP

    1. asics/アシックス トッキ 4 インドアフットサルシューズ TST705 TOQUE4
    2. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA STAR ROLL NEGATIVE JAPAN
    3. デスポルチ カンピーナス CS1000 オリジナルフットサルシューズ
    4. ナイキ マーキュリアルヴェイパー10 HG-V サッカースパイクシューズ
    5. ナイキ ハイパーヴェノム フィニッシュ 2 HG-E サッカースパイクシューズ
    6. NIKE/ナイキ ジョーダン フライト 2015 スニーカー 
    7. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN
    8. NIKE/ナイキ ティエンポ レジェンド 6 HG-E サッカースパイクシューズ
    9. asics/アシックス GELHOOP V9 バスケットボールシューズ
    10. NIKE/ナイキ カイリー 3 EP メンズ バスケットボールシューズ
    11. プーマ エヴォパワー 1.3 トリックス HG サッカースパイクシューズ
    12. adidas/アディダス D ROSE 6 BOOST バスケットシューズ デリック・ローズ

    PR

    最近の記事

    ページ上部へ戻る