,

ATHLETA/アスレタ O-Rei Futebol T002 サッカースパイクシューズ

O-Rei Futebol T002

極上のフィット感を生む最高級カンガルーレザーをアッパーに採用した、O-Reiシリーズの新作スパイクシューズ!

ATHLETA(アスレタ)O-Rei Futebol T002 サッカースパイクシューズ

メーカー/ATHLETA
商品番号/10004
カラー/PWH×BLK
販売価格/17,280円(税込)

  • 素材:アッパー/天然皮革(カンガルー)×人工皮革、インソール/取替え中敷、アウトソール/合成樹脂底(ポリウレタン×ナイロン)
  • 極上のフィット感を生む最高級カンガルーレザーをアッパーに採用
  • 土、人工芝、天然芝のどのシーンでもグリップ力を発揮
  • バランスよく配置されたソール設計が安定性を実現し、着用時のストレスを軽減
  • シューズと足のブレを軽減する、高いホールド性を実現するかかと部低反発フォーム
  • かかとの安定性を高めるアウトソール一体型ヒールカウンターを採用
  • ↓商品購入はこちら




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連商品

    1. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA STAR ROLL NEGATIVE JAPAN

      星のデザインがかわいい最新ジャパンモデルが登場! 雨のピッチでも最高のグリップ力を発揮する全天候対応パーム「アクアコントロールグリップ」を採用。

    2. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Falcao インドア フットサルシューズ

      アスレタ2017春夏新作。いわずと知れた“フットサルのアイコン”ファルカンモデルのフットサルシューズが新登場。足技を得意とするテクニカルプレイヤー向け。

    3. アディダス 2016 サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム

      サッカー日本代表アウェイユニフォーム、レプリカモデル。2018FIFAワールドカップロシアに向けて着用。伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザイン。

    4. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Rodrigo インドア フットサルシューズ

      アスレタ2017春夏新作。ブラジル代表最強フィクソ、ロドリゴモデルのフットサルシューズが新登場。強烈なシュートを得意とするパワーシューター向け。

    5. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN

      HOSOCCERから日本だけのスペシャルモデルが登場。 大人気だった初代JAPANモデルのカラーをベースに、PAC(パンチングアシストコントロール)を搭載したNEWモデル!

    6. TRUSOX トゥルーソックス

      【足・靴下・靴が密着して一体化】 ソックス表裏の両面にすべり止め付きで、足裏のパワーとコントロールがスパイクに直結! すべらない=パワーロスなし!これはもはやソックスではなく、パフォーマンス向上器具だ。

    カレンダー

    ツイート

    PICK UP

    1. asics/アシックス トッキ 4 インドアフットサルシューズ TST705 TOQUE4
    2. NIKE/ナイキ カイリー 3 EP メンズ バスケットボールシューズ
    3. NIKE/ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 11 HG-V サッカースパイクシューズ
    4. アディダス 2016 サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム
    5. ナイキ ティエンポ レジェンド VI HG-E サッカースパイクシューズ
    6. ミズノ×スターウォーズ バスケットプラクティスシャツ スターウォーズTシャツ
    7. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN
    8. ナイキ マーキュリアルヴェイパー10 HG-V サッカースパイクシューズ
    9. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Falcao インドア フットサルシューズ
    10. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA INFINITY ROLL GECKO JAPAN GKグローブ
    11. プーマ エヴォパワー 1.3 トリックス HG サッカースパイクシューズ
    12. ナイキ KOBE X バスケットシューズ コービー10

    PR

    最近の記事

    ページ上部へ戻る