,

asics/アシックス デスタッキ 6 K インドアフットサルシューズ TST040 DESTAQUE6K

DESTAQUE 6 K

デスタッキ6Kの2016年最新カラー。
抜群のフィット感と高機能と搭載。カンガルー皮革を使用した最高峰モデル。

asics(アシックス)デスタッキ 6 K フットサルシューズ インドアシューズ 3801 ターコイズブルー

メーカー/asics
商品番号/TST040
カラー/ターコイズブルー×ホワイト
販売価格/13,500円(税込)

  • 素材:アッパー/本体:人工皮革製+天然皮革製(カンガルー表革)+合成繊維製、アウター/ゴム底
  • 動作分析に基づくアウターソール意匠の採用により、グリップ性が向上。
  • アッパー両サイドのサポートベルトとハトメ補強の分割構造により、ヒモ締め時に優れたフィット性を発揮。
  • アッパーの摩耗の激しい位置には耐久性に優れたRHYNO SKINを配置。
  • 薄く設計されたミッドソールを採用し、足裏での素足感覚のボールタッチを実現。
  • かかと部にGEL、前足部と後足部に低硬度SpEVAを搭載し、素足感覚のボールタッチとクッション性を両立。
  • ※本商品はカンガルー表革を使用しております。ソフトで足沿いがよいのが特長ですが、デリケートな革ですので試合用としてご使用されることをおすすめします。
  • ↓商品購入はこちら




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連商品

    1. asics/アシックス トッキ 4 インドアフットサルシューズ TST705 TOQUE4

      素足感覚と画期的なデザインが人気のフットサルシューズ「TOQUE」の4代目モデルが追加。新しいメッシュ素材と人工皮革のコンビネーションアッパーにより、通気性とホールド性を両立する。

    2. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Falcao インドア フットサルシューズ

      アスレタ2017春夏新作。いわずと知れた“フットサルのアイコン”ファルカンモデルのフットサルシューズが新登場。足技を得意とするテクニカルプレイヤー向け。

    3. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Rodrigo インドア フットサルシューズ

      アスレタ2017春夏新作。ブラジル代表最強フィクソ、ロドリゴモデルのフットサルシューズが新登場。強烈なシュートを得意とするパワーシューター向け。

    4. ATHLETA/アスレタ スウェットZIPパーカー上下セット

      アスレタ2017春夏新作。吸汗速乾素材で汗をかいても快適な、春夏仕様のスウェット上下セット。

    5. モーブス 長袖プラクティスシャツ

      飽きのこないデザインでメンズ・レディース問わず人気のモーブスウェア。ベーシックで使いやすい長袖プラシャツです。

    6. アスレタ カラープラクティスシャツ

      ATHLETA 2015秋冬コレクション第一弾。シレー加工が施され、光沢感のある風合いの長袖プラクティスシャツ。

    カレンダー

    ツイート

    PICK UP

    1. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA INFINITY ROLL GECKO JAPAN GKグローブ
    2. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Rodrigo インドア フットサルシューズ
    3. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ CONTROL LONGPALM ADRIAN GKグローブ
    4. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA STAR ROLL NEGATIVE JAPAN
    5. ナイキ KOBE X バスケットシューズ コービー10
    6. プーマ エヴォパワー 1.3 トリックス HG サッカースパイクシューズ
    7. アディダス 2016 サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム
    8. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN
    9. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futebol T002 サッカースパイクシューズ
    10. ナイキ ハイパーヴェノム フィニッシュ 2 HG-E サッカースパイクシューズ
    11. Just4keepers ゴールキーパーグローブ J4K Carbon Reaction
    12. adidas/アディダス ネメシス 17.1-ジャパン HG サッカースパイクシューズ

    PR

    最近の記事

    ページ上部へ戻る