,

アディダス 2016 サッカー日本代表 アウェイレプリカユニフォーム

awayyuni

2016 日本代表 アウェイ レプリカユニフォーム

2018FIFAワールドカップロシアに向けて着用。伝統の白を用いたボディー。

adidas(アディダス)サッカー日本代表 アウェイ レプリカユニフォーム 半袖 AA0284 ホワイト AAM87 AA0284

メーカー/adidas
商品番号/AAM87
販売価格/9,612円(税込)

  • 素材:インターロック(ポリエステル100%)
  • サイズ:S/M/L/O/XO
  • 【2016サッカー日本代表 オフィシャルグッズ】
    サッカー日本代表アウェイユニフォーム、レプリカモデル。2018FIFAワールドカップロシアに向けて着用。伝統の白を用いたボディーの前面に、ダイヤモンドの輝きから発想を得た、個性的な青の総柄グラフィックを配したデザイン。襟裏には、2018FIFAワールドカップロシアに導く先導者の象徴として、飛翔する三本足の烏をプリント。
  • ↓商品購入はこちら




    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    関連商品

    1. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futebol T002 サッカースパイクシューズ

      アスレタ2017春夏新作。極上のフィット感を生む最高級カンガルーレザーをアッパーに採用。前作T001よりさらに軽量化を実現。

    2. ナイキ マーキュリアルヴェイパー10 HG-V サッカースパイクシューズ

      MERCURIAL VAPOR X その加速、追跡不能。爆発的なスピードと大胆なスタイルで、相手守備陣を打ち破る。2016年モデル「ラディアントリビールパック」ネオンカラーを基調にした華やかなデザインのシリーズ。

    3. adidas/アディダス ネメシス 17.1-ジャパン HG サッカースパイクシューズ

      相手をかく乱させることがカラーコンセプトのダストストームパックが登場。かつてない伸縮素材が躍動的かつ自然な動きを可能にする革新的スパイク。

    4. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ CONTROL LONGPALM ADRIAN GKグローブ

      鮮やかなグリーンとロングパームが特長の2015-16NEWモデル! ウエストハム所属のアドリアン選手や、東福岡高校脇野選手などが使用の人気カラー!

    5. NIKE/ナイキ ハイパーヴェノム フィニッシュ 2 ネイマール HG-E サッカースパイクシューズ

      HYPERVENOM PHINISH 危険なまでの敏捷性。無敵の敏捷性と抜群のコントロール。ネイマール初のシグネチャーモデル。ネイマールのスタイルと精神を具現化した大胆不敵なHypervenomで敵をあざむけ。

    6. ナイキ ハイパーヴェノム フィニッシュ 2 HG-E サッカースパイクシューズ

      HYPERVENOM PHINISH 危険なまでの敏捷性。無敵の敏捷性と抜群のコントロール。2016年モデル「ラディアントリビールパック」ネオンカラーを基調にした華やかなデザインのシリーズ。

    カレンダー

    ツイート

    PICK UP

    1. ナイキ ズーム レブロン ソルジャー 10 バスケットボールシューズ
    2. ナイキ ハイパーヴェノム フィニッシュ 2 HG-E サッカースパイクシューズ
    3. アディダス 2016 サッカー日本代表 ホームレプリカユニフォーム
    4. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ SSG GHOTTA ROLL NEGATIVE PAC JAPAN
    5. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futebol T002 サッカースパイクシューズ
    6. ATHLETA/アスレタ O-Rei Futsal Rodrigo インドア フットサルシューズ
    7. ナイキ マーキュリアルヴェイパー10 HG-V サッカースパイクシューズ
    8. Just4keepers ゴールキーパーグローブ J4K Carbon Venom
    9. asics/アシックス デスタッキ 6 K インドアフットサルシューズ TST040 DESTAQUE6K
    10. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA STAR ROLL NEGATIVE JAPAN
    11. ナイキ ティエンポ レジェンド VI HG-E サッカースパイクシューズ
    12. HO SOCCER ゴールキーパーグローブ GHOTTA INFINITY ROLL GECKO JAPAN GKグローブ

    PR

    最近の記事

    ページ上部へ戻る